with John Lawton

2004 - 10 - 9

URIAH HEEP ファン Circle of Hands 懇親会
John Lawton 再来日

by Live Bar Crawdaddy Club

  • セットリスト

    1.I'm Alive
    2.Been Awey Too Long
    3.Stealin
    4.Sympathy
    5.Tonight
    6.The Hanging Tree 
    7.Gypsy

    encore

    8.Lady In Black~Give Peace A Chance
    ~Lady In Black
    9.The Wizard

    ◆わたしが参加させていただいたのは 2, 6, 7, 8

photo by Taasan

photo by ossie

photo by maa
photo by maa

HEEP祭りJohn Lawton来日企画を全面的にサポートしてくださった
Pandaさん、悪徳Pさん、Kayさん そしてこの場の皆様、
ありがとうございましたm(_"_)m

 

--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

 

他に載っているJohn Lawton再来日記事HP

Uriah Heep Fes 2004 Japan
●たーさんのところ

John Lawton日本滞在中の簡易スケジュール&写真

●MIZさんのHP

LHS HP 
John LawtonJAPAN Photo Gallery

Crawdaddy Club

Session&Photo

●刈りジャムSPECIAL URIAH HEEP祭 Jamreview

↑悪徳P氏の東京10/10、大阪10/15 両日
Heep Vention ライブレビュー
これまでのロートン来日までのいきさつも書かれています

 

 

*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*--*

ロートンからいただいたサイン
なんでしょう? サインに絵がっ!
これはロートンマーク? なんてかわいいマーク!

↓こちらは02年 スティーブ・ダニングからいただいたサイン
このとき、ロートンから書いてもらうのはためらってしまってた
何故ならベースだから。。 
なんておバカなこだわりをこの時持ってたのだろうか
今回は絶対書いてもらおうと思った(笑)

11日 電車の中のワンシーンらしい あんまり素敵なので載せておきます 
photo from Taasan

17日 日本滞在9日目空港へ…

 

John ! John Lawton !
Very very very … special thanks !
Keep on rockin' …  forever 

リポート

雨でぐっしょり またまたすっぴん顔

 

この日は日記にも書いたように大型台風がやってきた日
この日の昼、ロートンの飛行機着陸する予定が
どうなるかわからなくなっていた

前日と当日の朝、ネットで検索して国際線発着のニュースをチェック

悪徳Pさんからもメールで夜中に無事飛行機に乗ったかどうかがわかる、
わかったらメールするというお知らせ

朝、国際線の変更は昼までなら無いと書いてある

___/7 
/= ___|< =3  
┗━━━━━`< =3 

もし来られなくなったら懇親会は中止。

どうしようか考える

もし中止になっても、Crawdaddy Clubに何人か集まるだろう
残念会にでもなるかな
そう思って早めに出発することにした

東京駅に着いてmatsuZACKさん(Guiter)に連絡
台風で来れないーーーーっ??!!!

大雨に打たれながらスタジオの場所がわからず、

迷いに迷って御茶ノ水界隈を一時間歩き廻る。

あらかじめmatsuZACKさんが手配してくれてたスタジオへようやく辿り着き、

matsuZACKさんに再度電話するが、雨の音と携帯のせいで声が小さくて聞きとれない

「来れない」という言葉をはっきり聞いて愕然とする。

それでもCrawdaddy Clubまでは来れるかもしれないと

思ってた(来ない事実がまだ受け入れられなかった)

matsuZACKさんいないまま、スタジオリハ予約時間はあとわずかしかないので
あわててバタバタ15分のリハ。しかもケースの中まで濡れてしまって、

弦はびろんびろんに伸びて音合わせどころじゃなく(爆、
最後の5分くらいで一度合わせることができた(笑)。


Crawdaddy Clubへ歩いていく

すでにスタジオ到着することで体力使い果たした感のある私。

タクシーで行こうよぉぉ、というわたしの声は無視され(爆)
きっと近いということでテクテク。

たしかに、あとから思えばそんなに遠くもなかった
だがすでにかなり歩いてるのだぁぁぁ

ベースは中まで濡れて身体も頭から爪先までぐっしょりこん
荷物持って傘さして。。

距離は無くとも遠く感じ、地図と睨めっこして歩いていく後ろ姿を
ただただついてくのがやっとだった

さりげなくキーボのNISHIOくんがベース持ちませうと声掛けてくれた
お言葉に甘えて持ってもらった頃は、すでに結構へばってしまっていた
(NISHIOくんさんきう(-人-) )

Crawdaddy Clubにほどなく到着

(後に歌舞伎町の中をよく見ずひたすらはぐれないように

NISHIO君の背中ばかり見てたのが悔やまれた。

怪しい夜の街、歌舞伎町、見物したかったよぉ・笑)

Crawdaddy Clubのマスターから、ロートンが無事来られることを聞いて安心する

もう一度matsuZACKさんに電話する。

やはり来れないらしいorz

実は後で知ったのだけれども、

matsuZACKさんの隣町では避難勧告が出ていたそうだ。
朝行けそうもないというメールをくれてたのだが
わたしはすでに出発していたので
しつこいほど何度も「来れないの?」と電話していたのであった

他の来てくれる予定の人も来れないことがわかってきた

イギリスからロートンはやって来れて、
わたしたちもやってきて
東京により近い人が来られないという結果に唖然…

そこにやってきたKUNIさんと佐々木さんに事情を話して
急遽やってもらえないか頼むと二つ返事でオッケーが出た
ひゅるひゅると安心したぁぁぁ

珍しい曲にしなくて良かったと安堵(笑)

The Hanging TreeはKUNIさん
GypsyはSteerforthの佐々木さんに決まり

またKUNIさんとやれること
そしてSteerforthの佐々木さんと一緒にできると思ったら
ふつふつと嬉しさがこみあげてきた

この佐々木さん、初めましてだったのだが、なんだか懐かしい感じの人(笑)
若いときの友人達と似ていてちっとも初めて会った感触が無い(笑)

初めっから馴染めてしまう人だった。ふしぎな人だ(笑)

Crawdaddy Clubは写真で見たのより実際はずっと広かった
マスターはかっこいいし、というかやはり懐かしい感じがしたし

(この人もかつての友人にそっくりで・笑)
奥さまはこれまたすごくきれいな人だ!

他にまだ誰も来ていない
今のうちにとびっしょり濡れた髪の毛もそのままにすぐにリハ

スタジオリハではひどかった弦の緩みはなんとか大丈夫だった

このあと、来られるのかどうかよくわからなかった方の姿を確認した。
なんとMIZさんではないか! ロートンの詳しさについては
この人の右にはいないだろーと思われるMIZさん。やっぱりいらしたんだ! 
うれしくてたまらなかった
(実はちゃんと名簿に載っていたのによくわからずにいた。・爆)

このあと、アメリカから帰ってらしたHIROさんやら懐かしい面々との再会・・・
ロートン御夫妻登場。サイン会、そしてセッション大会は始まった

 

 

John Lawtonから 来日前に書かれていたファンへのメッセージ (04.Oct. 2004 )

from johnlawtonband
A message from John Lawton

During the JLB gig in Hamburg on 25. Sept.
John Lawton announced
that this was his last "Live Gig".
Please read Johns message here
John will not disappoint fans and still take part in the Japanese
Heepconvention "Circle Of Hands" 2004" in Tokyo & Osaka, since
this event was booked already in April of this year!


メッセージ本文

Hi my friends..

I have thought long and hard about my decision to quit the "live scene" and believe me, it was a very difficult one to make.

. Iris and I, have made a lot of new friends over the past few years and those memories will stay forever, especially Myrtle Beach '99, where we got to meet "face to face" with a lot of the Heepster "family".....

To see you all again at Heepvention 2000 and to re-unite with Ken
albeit for a short while ;-) was an absolute joy.

The Magicians Birthday gigs ..with Heep.....again, absolutely unforgettable..

Japan 2002 "Circle of Hands"...what an experience..!!

Hamburg 2004 , 20 years SOT ... a magic event!
Thanks to Uwe, Oliver & Carsten ;-)
. Rumours saying, "I will stop singing".....are not strictly true, a Rock 'n' Roll Singer,

I will always be;-)... it is the live gigs I am trying to leave behind.

..

JLB was and is a terrific band, playing with quality musicians such as Benjy & Erol,
Steve & Leon, has been a real pleasure! ... who knows,
maybe we will record again "somewhere in time"an.

To all webmasters, thank you for all the support and help you have given JLB..

Many thanks to CRP, for giving JLB the chance to record...

Thanks to David "Eddie", Staf & Frieda for creating the JLBC.

Very special thanks to all the JLB fans, who became friends, we send much love and respect.....!


John .

Hey Visitor!


track feed Kuu :: HP - kisato.jimdo
外貨MMF